大杉町 1213万円の土地情報

  • 土地
  • 売主・代理

情報提供日:2024/3/2 次回更新予定日:情報提供日より8日以内

  • 1213万円
  • 石川県小松市

MEURA地所

問い合わせ(無料)

TEL:076-261-2723

癒しの里山大杉 上町・本町間 10棟別荘点在間
背景山林15042m2との合計16991.51m25139.93坪一括
広大な伸びしろ持つ里山二拠点居住、山野草園別荘等好適
R416勝山開通 林道各々延伸中 南加賀山遊び拠点
自家井戸付 自主管理 砂利敷側溝付広々駐車場付
複数別荘間で入組み地形 実測図・境界標有
他は森林計画民有林で林地台帳図有
県道口島状に電柱支線有 敷地料入
清流・芝以外何も無い赤瀬ダム「自由の広場」キャンプ賑わい
江戸由来古民家「伝泊」開業等時代に求められる大杉地区
背景大きな雑木林20年成木化の伐採から4年目回復中
陽当り良い伐採跡ラズベリー・タラの芽・朴葉等自然の恵み豊か
セルフビルドも良し当面建築せずミニキャンプ・屋外サウナ等活用も良し
設計・建築・管理等業者指定なし 紹介は可
周辺地域含めしっかり服装でゆっくりご確認構想下さい

画像をクリックすると拡大して表示されます。

駐車場より 奥に拡がる尾根頂部・更に右手奥深く広大な山林付帯

  • 広々共同駐車場 建物排水はVS側溝へ
  • 土地価格1213万円、土地面積1,949.51m2区画3オレンジ色が物件 現地境界標有
  • 西区画2から東方向 木立手前が現地 画の両サイドに続く
  • 道路先現地 電柱一部左側から右側迄
画像をクリックすると拡大して表示されます。

売り主コメント

一昨秋伐採から時間経過し、建築には落ち着いた状態

特徴ピックアップ!

土地100坪以上 / 即引渡し可 / 山が見える / スキー場が近い / 避暑地 / 陽当り良好 / 南側道路面す / 閑静な住宅地 / 前道6m以上 / 田園風景 / 家庭菜園 / 緑豊かな住宅地 / 前面棟無 / 眺望良好 / 高台に立地

イベント情報

現地見学会(直接現地へご来場ください)
日程/公開中
現地迄は通年路線バス運行 車あれば年中誰しも十分到着
新緑・川水浴・紅葉・雪遊び・渓流釣り・登山等 四季を通じて愉しみ
除雪体制整い 徒歩圏飲食店・市みどりの里通年営業
県境大日山連なる鈴が岳原生林流れ下る大杉谷川
源流域はブナ等自然保護林 下流で一級河川梯川となり日本海へ注込
次にS30年代迄隆盛炭焼クヌギ等雑木2次3次林
更に燃料変化後拡大造林政策から50年余伐採期入杉林が輸入材比の市価低迷し残存
これら森が山域地肌を覆い流失防ぎ大雨でも濁り少ない安定清流生み
流域全体に豊かな自然循環を形成
猪・熊・鹿・猿等、カワセミ等鳥類、アユ・イワナ等魚類、カメムシ・ホタル等昆虫類共存有
未だ先奥深く遠くも自然に包まれた最終里山定住集落大杉
その圧倒的自然界に比し人の営み小さく一人一人大切で大きな存在
都市計画法外⇒建築基準法集団規定外⇒建築自由性高い
人間通常ルールが自由⇒却って本来と各々向合う真摯な姿勢要
背景二方杉林美林 奥まって落着いた位置
尾根てっぺん境界に至る迄の広大な雑木自然林含む
出来れば背後の雑木林てっぺん登り眺望確認下さい
建築前に上・本・中・下の大杉4地区 古民家・別荘・施設を自然環境と共に観察
地域理解し自身お似合い個性の建築等ワクワク愉しみ構想下さい
大杉本町は全国ログハウス大賞受賞2作有
雑木林自然回復も良し焼畑履歴あり自然農法・アウトドア活用も楽しみ
その場で呼吸するだけでも森林浴リラックス気分転換効果
自身現地周辺含めじっくり散策・体感お奨め

物件詳細情報

月々の支払い金額を調べる
物件価格 万円
金利 %
頭金 万円
ボーナス 万円
※ボーナスは支払い金額の50%が上限です
返済期間
シミュレーション結果
月々の支払額 万円
物件名 大杉町 1213万円
価格 1213万円 支払いシミュレーション 建ぺい率・容積率 -
販売区画数 1区画 総区画数 4区画
土地面積 1949.51m2(589.72坪)(登記) 私道負担・道路 無・南8m幅(接道幅9.7m)、東4m幅(接道幅10.3m)
土地状況 更地 造成完了時期 -
所在地 石川県小松市大杉町コ18番9他7筆
周辺環境
交通 -
イベント情報・見学 イベント情報:現地見学会(直接現地へご来場ください)
日程/公開中
現地迄は通年路線バス運行 車あれば年中誰しも十分到着
新緑・川水浴・紅葉・雪遊び・渓流釣り・登山等 四季を通じて愉しみ
除雪体制整い 徒歩圏飲食店・市みどりの里通年営業
県境大日山連なる鈴が岳原生林流れ下る大杉谷川
源流域はブナ等自然保護林 下流で一級河川梯川となり日本海へ注込
次にS30年代迄隆盛炭焼クヌギ等雑木2次3次林
更に燃料変化後拡大造林政策から50年余伐採期入杉林が輸入材比の市価低迷し残存
これら森が山域地肌を覆い流失防ぎ大雨でも濁り少ない安定清流生み
流域全体に豊かな自然循環を形成
猪・熊・鹿・猿等、カワセミ等鳥類、アユ・イワナ等魚類、カメムシ・ホタル等昆虫類共存有
未だ先奥深く遠くも自然に包まれた最終里山定住集落大杉
その圧倒的自然界に比し人の営み小さく一人一人大切で大きな存在
都市計画法外⇒建築基準法集団規定外⇒建築自由性高い
人間通常ルールが自由⇒却って本来と各々向合う真摯な姿勢要
背景二方杉林美林 奥まって落着いた位置
尾根てっぺん境界に至る迄の広大な雑木自然林含む
出来れば背後の雑木林てっぺん登り眺望確認下さい
建築前に上・本・中・下の大杉4地区 古民家・別荘・施設を自然環境と共に観察
地域理解し自身お似合い個性の建築等ワクワク愉しみ構想下さい
大杉本町は全国ログハウス大賞受賞2作有
雑木林自然回復も良し焼畑履歴あり自然農法・アウトドア活用も楽しみ
その場で呼吸するだけでも森林浴リラックス気分転換効果
自身現地周辺含めじっくり散策・体感お奨め
担当者

【私たちが担当です】

和布浦 勇
奥の山林観察は規模・高低差・樹木等有り長靴・登山靴準備 呼吸するだけでも森林浴リラックス気分転換効果 周辺含めタップリ自由散策観察下さい お問合せはメールで営業下手一人営業ゆえ自己紹介含めお願いします

会社情報 <売主>
石川県知事(4)第003762号
(公社)石川県宅地建物取引業協会会員 北陸不動産公正取引協議会加盟
MEURA地所
石川県金沢市駅西本町6-12-21-103

今すぐお問い合わせください

お問い合わせ先

MEURA地所

TEL:076-261-2723

営業時間:9:00~19:30/定休日:日 夏期・冬期休暇
免許番号:石川県知事(4)第003762号
取引態様:<売主>


※価格は物件の代金総額を表示しており、消費税が課税される場合は税込み価格です。(1000円未満は切り上げ。)
※写真に写っている、またはパース(絵)や間取り図に描かれている家具や車などは、特にコメントがない場合、販売価格に含まれません。
※敷地権利が定期借地権のものは価格に権利金を含みます。
※建築条件付き土地価格には、建物価格は含まれません。
※物件情報は、原則として情報提供日の2日前に最終確認した情報です。
※完成予想図はいずれも外構、植栽、外観等実際のものとは多少異なることがあります。
※モデルルーム・モデルハウス・展示場・ショールームの画像の場合、今回販売の物件と異なる場合があります。
※CG合成の画像の場合、実際とは多少異なる場合があります。
※物件特徴:販売戸数が複数の物件は、全ての住戸に該当しない項目もあります。
※0800で始まる電話番号は、サービス検証のため当該番号の利用履歴を個人が特定できない範囲で取得しています。予めご了承ください。
※完成後1年以上を経過した未入居物件が掲載される場合があります。ご了承ください。
※販売予定物件はすべて、販売開始するまで契約または予約の申込みはできません。
※購入の前には物件内容や契約条件についてご自身で十分な確認をしていただくようにお願いいたします。
※建築条件土地の情報内に掲載されている、建物プラン例は、土地購入者の設計プランの参考の一例であって、プランの採用可否は任意です。
※土地(建築条件なし)で「建物プラン例」が表記してある時、そのプラン例は特定の建築請負会社によるもので、当該建築請負会社以外で建てた場合、同様のものが同価格で建てられるとは限りません。また建築請負会社を特定するものではありません。
※建築条件付き土地とは、その土地に建築する建物の建築請負契約が、一定期間内に成立することを条件として売買される土地のことをいいます。建築請負契約成立に向けて設計プランを協議するため、土地購入者が自己の希望する建物の設計協議をするために必要な相当の期間の交渉期間が設定され、その期間内で希望を満たすプランが実現できたかどうかにより結論を出します。なお、この期間は概ね3ヶ月程度とされています。納得のいくプランが出来ず、建築請負契約が成立しない場合、土地売買契約は白紙に戻り、土地契約にかかった代金(土地代金、手付金など)は名目のいかんに関わらず、全て返却されます。
※課税対象物件の「価格」や「費用等」は消費税込みの「総額表示」で統一しています。
※「本体価格」とは、課税対象物件においては「消費税を除いた建物価格」と「土地価格」の合計額を指します。
※課税対象物件は消費税込みの総額表示のため、不動産広告の販売価格には本体価格の金額は表示されておりません。
※不動産売買の媒介(仲介)・代理の際に不動産会社が受領できる報酬額には各々上限が定められています。
※売買物件の仲介手数料の法定上限額は「本体価格」を基準に算出します。
※物件本体価格ごとの仲介手数料の法定上限額は、以下の簡易計算で求めることが可能です。(購入する場合)
 「本体価格」200万円以下の物件:本体価格の5%
 「本体価格」200万円を超え400万円以下の物件:本体価格の4%+2万円
 「本体価格」400万円超の物件:本体価格の3%+6万円
※媒介(仲介)業者が課税事業者の場合は、上記金額に消費税を加えた額が実際に支払う仲介手数料の法定上限額となります。
 例:本体価格400万円超の物件の消費税込みの仲介手数料の法定上限額は「本体価格の3.3%+6.6万円」
※売主・買主双方の代理を行う場合、代理手数料の法定上限額は仲介手数料の法定上限額の2倍まで、なお、売主・買主の一方のみからの受領となります。